ryu16's diary

twitter

龍士郎誕生
子どもが生まれた。
2012年9月20日午前4時くらい。
嫁実家近くの東京北社会保険病院にて。

里帰り出産だったので8月末〜11月頭まで独り暮らし。
予定日は10月3日とかだったのでまだ日数あるなーと思ってたら午前4時くらいに嫁から電話が来て「産まれちゃった」と事後報告。
よくみたら1時くらいにメールは来てた。「破水した〜」って。
病院行って2時間くらいで産まれたとのことで初産にしてはスピード出産だったらしい。
よくドラマとかである、そわそわして待ったり、お祈りしたりって時間の過ごし方は一切なく、寝てる間につつがなく。
なんか男親ってこんなもんなのね。

名前はだいぶ悩んだけど「龍士郎(りゅうじろう)」にした。
去年末に子作り的な話を嫁としたときに「来年できたら辰年だし龍二郎だ」なんて話してたんだけど、まさか本当にこの短期間に授かるとは。
未だに候補として悪くなかったと思うのは以下3つ。
・龍胆(りんどう)
・跨龍(こたつ)
・龍治郎(りゅうじろう)
龍胆と跨龍は自重。キラキラネーム?
龍治郎は親父から一文字もらおうかと思ったんだけど漢字の収まりがなんとなく悪い気がしてパスしちゃった。
龍士郎は龍一郎に+を足した感じ。
龍二郎だと次男みたいだけどプラスだとバージョンアップって感じでいい。
小学生になったときにお約束で名前の由来とか作文したりするんだろうか。
まぁ俺もそんなに難しい理屈がある名前じゃないし。いいか。

1ヶ月検診が終わって11月4日に嫁と子どもを迎えに行って同居再開。
猫たちは威嚇とかするわけでもなく、毛繕いしてくれるわけでもなく、微妙な距離感を保っている。
3ショット写真を撮ろうと猫たちがくつろいでるところに龍士郎を置くと、すっと離席していく感じ。
龍士郎に移動能力が備わったらどうなるのかなぁ。
日々成長していく姿は見ていて楽しい。
(2012.11.19[Mon])

自分語り
今日でお休みは終わり。明日から会社。
やんなきゃいけないことは全然終わってないんだけど、ここから先は待ち時間のあるものばかりなので。
てなわけで長期休暇を締めくくる自分語り。

仕事は親父が入院してからいろんな人に迷惑かけつつ微妙に手を抜かせてもらってて、あげく一週間の休暇。
会社からすると超迷惑な話だ。
親が死ぬなんて当たり前に誰にでも起こるイベントだし。
でも誰にでも起こるイベントだからこそ誰でもそのしんどさは共有し得て、誰も彼も優しくて力になってくれてありがたかった。感謝。

俺はここ10年ちょい、仕事しかしてなくて、成果はぶっちゃけ芳しくないけど、いろいろ任せてもらえるようになった。
仕事は楽しいけど、反面しんどくもあって、心の平穏はへちまが維持してくれたと思う。
とはいえ猫の寿命は人間より短くて、へちまの老いを感じた瞬間に危機を感じた。
俺のプライベートはへちまが全てだったし。

だからまず冗長化しようと思ってにらを飼い始めて、平行して婚活。
なんだかんだで嫁と知り合えて結婚。
無事に生まれてくれれば10月には子どもが生まれる。

親父は死んじゃったけど、孫が生まれそうだよってのは伝えられた。
親父自身はまぁやり残したこともあるだろうけど大筋やりたい放題の良い人生だったんじゃないかなぁ。
病気発覚後も終末期医療ってのは進化してて、苦しむことも無く、尊厳を保って逝けたと思う。
飯が食えなかったのはかわいそうだったけど。

まぁとくにまとめはないけど。
そうやって次代に受け継いでいくというか。
プラスマイナスゼロというか。
そんな風に納得できる環境が作れてよかった。
上手く表現できないけど結婚して本当に良かったし、いい友人に囲まれてるな俺。
頑張ろう。
(2012.3.27[Tue])

親父葬儀
24日に通夜、25日に告別式をやった。

ウチは両親が別れちゃってるので俺が喪主。
親族だけでしんみりやった。
親父の仕事関係とかよくわかんないし。

これはなんか履歴を残してもなぁって感じなので印象的なことだけ書いておこうかな。

まず病院提携葬儀屋。
テレビで見たことあるけど本当に病院の提携葬儀屋みたいのが居た。
そこに葬儀を依頼しなくてもいいんだけど体が動かせるウチに綺麗にしたり着替えさせたりとかってのはスグに来られる提携してる所に依頼するよと看護師に言われた。
それが断れたのかどうかはあのタイミングじゃ普通無理。
だって親父の死亡時刻から30分も経たずに来てんだもん。
まぁ結果その病院提携葬儀屋に依頼した。

んで比較したネットでお安い葬儀屋。
実は事前にネットであれこれ調べたり電話したりはしてたんだけど、なんか電話の応対がイケてなかった。
電話で「ウチは時宗らしいんだけど」って言ったときに「あーウチはどの宗派も大丈夫なお坊さんを〜」って言われて、葬儀専門のアルバイト坊主のスレとか思い出した。
多分これってヨドバシとかでエアコン買うときの取り付け業者みたいなもんで、多分地元の業者に繋ぐだけで、実際にはそれなりに融通きくんだろうなーとも思ったけど。

葬儀テンプレートについて。
やっぱり時間をかけて練り上げてきたテンプレートってのは良く出来てる。
今回の葬儀はまぁいろいろあって無宗教にしたんだけど、それですらテンプレートはちゃんとあった。
大枠は無宗教でも仏式と同じで、通夜で一晩親父と一緒に過ごして、翌朝に告別式、火葬。
通夜式と告別式でお経なしの代わりに親父の生前好きだった曲をながしたり、焼香の代わりに献花だったり。
じいちゃんも「お経より気持ちが入ってこれは良いものだ」と言ってくれた。
ちゃんと順を追って気持ちの整理が出来る。
俺ってば今回はいろんなタイミングで意外と泣いちゃって。
んでも一連の葬儀が終わってだいぶ落ち着いたというか。
親族と今後のことを相談できる時間も取れたし。
あと会社の皆さんから花とか弔電とかもらって。
あんまりにもありがたくって、この会社のために三回は死のうって簡単に思った。
いやーよくできてる。
2012.3.25[Sun]

親父他界
親父が死んだ。
3月20日13時29分。
あと10日で62歳の誕生日だった。
末期癌。胃からあちこちに転移してた。
変に頑固で辛抱強い人だったので発見が遅れてしまった。

別に衆目に晒したいものでもないけど日記に載せちゃう。
何度も人に説明するのはしんどいし。

2月29日。
腹水が貯まってしんどくなったらしく珍しく親父が自分から病院に行ったら即入院に。

3月1日。
担当医から病院に呼び出されて病状を説明された。
胃カメラ飲んだらもう胃の中癌だらけで食道が塞がるレベルだった。
末期胃癌で肝臓と腎臓にも転移。
がん性腹膜炎も起きてて腹腔内も大変なありさま。
もう手術したら内臓が根こそぎなくなるレベル。
抗癌剤治療も多少の延命になるかどうか。
担当医の説明では「今後月単位で病状は進行します」とのことだった。
いきなり最終的な延命治療(電気ショックとか心臓マッサージ)をするかしないかの意志決定を迫られた。
そんなんしても奇跡の完治とかするわけないので断った。
この時点ではまだ親父の意識ははっきりしてたし飯も食ってた。
去年から使ってるGalaxyTabでなんだか仕事もしてたみたい。
毎日メール(SMS)してくれと約束。
まだ安定期じゃなかったけど嫁の妊娠も伝えた。
多分孫の顔は見られないと思ったので。
この日から出来るだけ病院に行くように。

3月4日。
病院に行ったら親父は居なくて3日から外泊許可取って家に帰ってるとか。
実家に行ってみるといつもの椅子でいつもの感じで座ってた。
なんだか食欲無くて飯が食えないと言って果物とジュースを買いに行かされた。
買って来たらちょっと食べた。
病院に帰る時間が近づいても動こうとしないので心配すると「ぶっちゃけしんどくて動けない」と白状する。
「明日になれば自分で病院行ける」とか言ってたけど無理矢理タクシーに乗せて病院に。
マンションの緩い下り坂で親父が転ぶ。立ち上がれない。いろいろ実感した。
この日お袋に親父の話をした。
ここからはお袋が毎日のように親父のところに行ってくれた。

3月5日。
また主治医に呼ばれて話。
肝不全と腎不全が深刻化して進行が「月単位」が「週単位」に訂正された。
抗癌剤治療はもはや肝臓腎臓が耐えられないと判断してやめた。
食べられないので栄養は点滴で取るように。
医療用麻薬も処方されはじめた。
寝てる時間が延びたように思う。
声をかければ起きて話が出来るくらい。

3月8日。
親父がトイレに行く途中で転んだと看護師に言われる。
これ以後自分ではトイレにも行けなくなった。
尿道にパイプを刺されてた。

3月11日。
意味不明なメールが親父から届く。
医療用麻薬の増加によってGalaxyTabはもう自分で操作できなくなっていた。
これ以前に日常的に連絡を取る近しい人には入院を伝えていて見舞い客とかもそれなりに来てた。
誰か連絡取りたい人居るか、直接親父に聞いてGalaxyTabから連絡先を探して連絡。
このあたりからかなり朦朧とした時間が延びてうわごとが増える。
うわごとの内容もなんというか親父らしい内容でちょっと笑う。
平時から冗談なのか本気なのかわからない陰謀説を唱えてたのがパワーアップしてた。

3月13日。
個室が空いて無くて四人部屋だったんだけど集中治療室に移った。
集中治療なんかしないわけだけど。
病院側の配慮に感謝。
徐々に対話が成立しなくなった。
きちんとした意思疎通は「飲みたい」「食べたい」「体を動かしたい」くらいか。
飲み物はらくのみで。食べ物は煮物とかを流動食っぽくして。
「なんか美味しいもの食べたいなぁ」とかは口癖というか。うわごとの一部というか。親父らしい。

3月20日。
早朝6時とかに病院からお袋に連絡があって意識がないとのこと。
その後9時とかに再度連絡来て血圧が低くて危険とのこと。
病院に駆けつけて数時間後他界。
ちゃんと俺と嫁とお袋とで看取れた。
脈拍数が落ちてからは心電図モニターをつけてたんだけど、あれって死後もペチペチ叩くと数字が上がるのね。
てっきりドラマとかみたく「ピッ・ピッ・ピッ・・・・ピーーー」って数字がゼロになったら終わりなルールかと思ってた。
もうとっくに死んでるのに医者に止められるまで叩いたり揺すったりして頑張って数字動かしてしまった。ごめん親父。
(2012.3.20[Tue])

2012年

Uploaded from Twitbit


去年はなんか何年か分のアレコレがあったような。
地震まわりでは幸い身内に大きな被害は無かったけど仕事は大変だった。
他に仕事ではアイスペースが終わったり静画とかコモンズとか超会議とか。
プライベートではやっぱ結婚か。とはいれ籍入れただけなので大変じゃ無かったけど。
にらが死にかけたのは重かった。
仕事が忙しいのはもはや当然なんだけどプライベートでもバタバタしたのが印象的。

今年はうーん、痩せるか。無理せずゆっくり。
家でご飯食べるようにすれば痩せそうなんだけどなぁ。なかなか難しい。
あと子ども欲しいな。
ただまぁ貯金とか原発とか不安はあるのでもの凄く積極的というわけでもない。
仕事は・・・見通せてる範囲で既に死にそう。
でも成功させたいなぁ。頑張ろう。
あと今年は売上も欲しいなぁ。
(2012.1.4[Wed])

AndroidなF-12C
しばらくぶりにケータイを機種変。
そろそろ実用に足るのかと思ってAndroidにしてみた。
iPhoneとガラケーの二台持ちは夏場はしんどいし。(ポケット少ないから)
暫定だけどiPhoneは不要とできそう。
以下ポイント。

まず日本語変換。
標準でATOKが入っててフリック入力で常用。
音声入力と手書きも評判良いみたいだけど使ってない。
余程の長文じゃなければこれで充分。

次に音楽。
iSyncrでiTunesと同期しちゃう。
Wi-Fi経由でもイケるのでiPhoneより進化。コードレス。
音楽プレイヤーはまだiPhoneよりイケてるのは見つからない。
CoverFlowとかはパテントの関係で駄目なのかしら。
ひとまずiPhoneみたいなインタフェースのbTunesを使ってる。

ナビとか。
NAVITIMEはiPhoneで登録したクレカ払いの月額会員アカウントがそのまま使えた。
あと超ラーメンナビがAndroid版があって、しかも980円買い切りだった。安い。(ガラケーは月額100円)
iPhoneにはなかったのに!と思ったらどっちでもサービス開始してた。
食べログはiPhoneアプリしかない。ぬー。

サイボウズ。
KUNAIはiPhoneでも糞だったがAndroidでも相変わらず。
こんな糞アプリの存在を持ってスマホ対応とか謳わないで欲しい。
結局ブラウザで見るわけだがiPhoneと違ってIDとPASSをブラウザが覚えてくれるので手間は省けた。

twitter。
twiccaにした。Flickrに写真アップできるので。
この辺は沢山揃ってるのでいろいろ選べる。

ガラケー的要素。
電話帳の移行とかはドコモショップでやってもらったけどSDカード経由で簡単にできてた。
モバイルSuicaはなぜか銀行振り込みがじぶん銀行からしかできない。意味がわからん。
imodeメールはspモードメールとなって継続。
ちゃんとWi-Fi接続時でもpushしてくれるので便利だけどクライアントアプリの出来は最低。

ハード系。
常駐系アプリが存在できるのでバッテリーの持ちは悪い。
まぁチューニング次第かも?
速度は大旨良好だけど時々ガクつくのが気になる。
カメラはまぁこんなもんかな。
日常防水はちょっと安心。
iPhoneよりは薄く軽くなった。
(2011.8.16[Tue])

結婚しました。
結婚しました。


まとめて書くようなこともないのだけど履歴を残しておこうかなと。

本日付で結婚。パンツの日。
船橋駅前総合窓口センターで15時くらいに手続き完了。
先負なので午後が良いと言われてそうした。

ちょっと書き損じがあったのでドキドキ(書き直しだと証人とかにまた頼まないといけないので)だったけど、窓口はかなりフレキシブルな対応でまったく問題にならなかった。
なんとなく婚姻届の写真とか撮ってたら窓口の人が「おふたりと婚姻届が入る写真撮りましょうか?」とか言ってくれた。
なんだよサービスいいな船橋市。

式とかはやらないのであんまりメリハリというか劇的な変化は感じないのだけど、本籍を変えたり、名字が変わったりと、徐々に変わっていくものはあるんだなぁと思った。
(2011.8.2[Tue])

温泉旅行

温泉なう!雪降ってきた!


25〜26で那須に行ってきた。
宿は客室露天風呂付きのトコ。
写真は客室露天風呂から外を眺めた感じ。
15000円/人で二食付き。
夜は豚しゃぶ食べ放題+ワイン飲み放題+ケーキ食べ放題だった。
セルフスタイルはスタッフが少なくてもまわるからいいのかねぇ。
宿は泊まった部屋は新しかったけど、貸し切り風呂巡りをしてアチコチ見て回ったら結構古い建物もあったな。
外風呂は7カ所あってウチ5カ所は貸し切りに出来るとかで結構期待してたんだけど思ったよりこぢんまりしてた。
まぁのんびりできたんでよかったけど。
死海風呂は猫傷に染みて想像を絶する痛さだった。
ルームサービスで日本酒とか持ってきてくれるとのことで、客室露天で湯船に酒in桶を浮かべて飲もうと思ったんだけど、晩飯食い過ぎて苦しかったのと、雪降ってきて寒すぎたので断念。

那須高原コテージ ルナ:http://www.diana-nasu.com/lunar/


りんどう湖なう。冬は空いてるなぁ。


翌日はせっかくなので軽く観光。りんどう湖ファミリー牧場。
随分昔に来たことあるような無いような。
冬は閑散としてて値段も安かった。
入場のみ500円/人。食事付きにしても1500円/人。
ここでもバーベキューとかしゃぶしゃぶとかのセルフ系が上記食事付きチケットで食べ放題だったけど、さすがに連続してそんなに食う気もしなかったので入場のみチケット購入。
いざレストランにいったらチーズフォンデュが目に入り、牧場だしチーズ美味しいのかなと注文。
結局セルフ。しかも割高。まぁ美味しかったからいいけど。
牛とか馬とかをスルーして日本スピッツの可愛さを堪能。
あとオフロードバギーはなかなか面白かった。
湖上をワイヤーで滑空する「KAKKU」も楽しそうだったけど寒すぎたのでパス。
冬は園内のショップとかアトラクションとか結構な数が止まってて、ぶらぶらしながらソフトクリームを食べようと思ってたんだけど、結局出口にあるお土産屋さんで食べることに。

りんどう湖ファミリー牧場:http://www.rindo.co.jp/

移動は車の運転したくなかったから電車とタクシーorバスにしたんだけどお値段的にはレンタカーとトントンくらいかなぁ。
でも電車の待ちとか長くて微妙な待ち時間が。
やっぱ新幹線停車駅から送迎バスがある、とかの便利なトコがいいな。
そうじゃなければ空港も近いわけだし海外に行っちゃうのも悪くない。
(2010.12.27[Mon])

写真集
バックナンバー
RSS
書く
Powered by HL-imgdiary Ver.3.00 Beta